お母さん大学は、“孤育て”をなくし、お母さんの笑顔をつなげています

バットにボールが当たった。ただそれだけで、「うれしい息子にうれしい母!」

昨日、地域の野球チームの見学に行って来た。

4歳から小学生くらいの子どもたちが続々と球場に集まってくる。

圧倒されて、最初は「帰りたいなぁ」「お腹すいた」などと言いながら
遠くで見ているだけの息子だったが、練習の途中から中に入れてもらった。

「母さん、隣にいてよ!」と、
何度も私がちゃんと隣にいるか確認する息子。

ドキドキ、緊張が伝わってくる。

コーチが投げたボールをバットで打つ練習。

息子の順番がやって来てコーチに呼ばれた。
一緒に並んでいた私の元から離れて、バットを持った。

もう、それだけで、はなまる!って叫びたくなる。

コーチが3球投げてくれて、息子もがんばってバットを振った。

「今日が初めてだから、打てなくて大丈夫。
もう、次の子にいってあげてください」って私がコーチに言うと、

コーチは「本当に?」っていいつつも、
息子にボールを投げ続けてくれた。

9球目で、カキーーーン!

息子の振ったバットにボールが当たったのだ。

帰りの車で、
「打てたねー!」「母さん、びっくりしたよー!」と
2人で大興奮!

「父さんにも今日の野球のこと話したいから、
寝ないで待ってる!」と、うれしそうな息子。

今日もまだそのうれしい気持ちが続いていて…

会う人会う人に、
「昨日野球して打てたんだよー」と話し回る息子。

父さんと2人でグローブ買いに行って
グローブしたまま寝ていた息子。

うれしいが溢れている息子を見ていて、私もうれしい!

(お母さん記者/萩尾かつら)

1件のコメント

コメントを残す