思い通りにいかなくて時々爆発する長男の、小さな小さなごめんなさい

小学2年生の長男しょーた。

思い通りにいかないとき、頭ではわかっていても
気持ちを上手く整理できなくて爆発することがよくある。

昨日の夜も、宿題が上手くいかないと喚いて叫んで、
私も疲れていたので放って2階に上がった。
しばらくして降りていくと、
しょーたは落ち着いてるみたいだった。

部屋を片付けて、ソファに座る。
すると、しょーたが「ママ、来て」と
隣の部屋へ私を引っ張っていった。

なんだろうと思っていると、
小さな小さな声で「ごめんなさい」と言う。

いったい何をやらかしたんだろうと、胸がざわざわした。

「怒らないから、いってごらん。ちゃんと聞くから」
そう言って、ドキドキしながらしょーたの言葉を待った。

ためらいながら、言葉を選びながら、しょーたは言った。
「あれ、ぼくがやった。ごめんなさい」

あれ?あれってなんだろう??
うーん、うーん。と頭を捻る。
そして、気づく。

そうだ、部屋に洗濯物が散乱していたあれか。
畳んで隅に置いていたものがぐちゃぐちゃになっていた。

しょーたの仕業だということはすぐにわかった。
でも、これくらいはかわいいものなので、
あまり気にもならなくて
「なんじゃこりゃ」と言いながら片付けたんだ。

「それくらい、わかってるよ」私はぎゅっと抱き締めた。

一生懸命、勇気を出して言ってくれた。
それがすごくうれしくて。涙が出そうだった。

「散らかしたら片付ければいいんだよ。今度は一緒に片付けようね」
胸がぎゅっとぎゅっと熱くなる。

「ごめんなさいが言えるって、すごいことだよ。
言ってくれて、ありがとう」

何かあるたびに爆発する姿を見ながら、
私の子育ては間違っているんだろうかと思うこともある。

正解なんてない。
答えなんて見つからない。

でも、私はしょーたが大好きで大好きで。
それだけは真実で幸せで。
それはきっと伝わっているんだと、信じたい。

(お母さん記者/

ABOUTこの記事をかいた人

編集部 青柳 真美

お母さん大学事務局兼編集部。お母さん業界新聞副編集長。みそまる普及委員会代表。みそソムリエ。宅地建物取引主任者。仕事は、お母さんを笑顔にすることと、味噌を伝えること。具体的には、編集・企画・営業・イベント…。おっと、忘れちゃいけない大事な仕事が、藤本学長のツーヤクとカイゴ。家族と仕事以外に、私の人生に欠かせないもの…車/映画/本/旅/食後のコーヒー。息子1人(27歳)。