格闘の末・・・

昨日夕方の出来事。
外で兄弟仲良く野球をしていると思ったら・・・

次男が泣きながら急いで家に帰ってきて
→と思ったら、長男がすごい剣幕で次男を追いかけてきて
→と思ったら、部屋と外を裸足で追いかけっこが始まり
→「こらー!!裸足で出るなー!!!」と私がまた2人を追いかけ・・・

3人でコントのように、家と外をグルグル走りながら
「何なんだ、これは・・・」と思っていたら、
ついに兄にとっつかまえられた弟。
その瞬間兄は殴りかかる。

「ちょっと待ったー!!!」
「何があったん?」
「何で怒っとん?」
と、ひとまず2人を引き離しました。

怒りが収まらない兄は、その怒りを私に向けてきて、
今度は私の胸ぐらを掴みかかり、
と思ったら、ピョンピョンその場で跳ねて、
ボクサーのように手足のパンチ・キックを繰り出してきます。

「こりゃ、遊びにするしかない!受けて立とう!」

そう覚悟した私は、
「よし!!相撲しよう!!」と言って、
長男とがっぷり四つに組みました。
お互い投げ飛ばそうとしたり、
踏ん張ったり、足をかけてみたりと、
あらゆる技を駆使して、お互い負けじと戦いました。

私も長男も負けず嫌い。
私も息子だからと容赦はしません。
(それがいけないのか??)

怒りのエネルギーをそのままスポーツに転換しようとしたものの、
息子は本気で私を負かそうと、顔を真っ赤にしてかかってきました。

負けたくない私たちは2人同時に手をつき、同時に尻もちをつき、なかなか決着がつきません。

そうこうしていると、息子に後ろから覆いかぶさるような恰好になり・・・
瞬間にひらめいた!!

「あ!!あっくん、母さんのこと、おんぶできる!!??」と
まだまだ怒りが収まらない長男に、おんぶをせがんでみました。

すると、まんざらではなさそうな長男。
ヨロヨロしながら、私をおんぶしてくれました。

「お!スゴイ!できるやん!!」と喜んだのも束の間、
「ドッテ~~~~ン!!!」と
2人一緒に後ろにひっくり返りました。

「イッターー!!!」と
今度は2人で大笑い。

さっきの怒りはどこへやら。。。

「もう一回おんぶして!」と言うと
またまた母さんをおんぶしてくれました。

そして、機嫌が良くなった長男は、
いつの間にか次男とも仲直りして、ニコニコ。
「超~~~~スッキリ!!」した表情の長男。

はー、何なんだ。。。。(笑)

でも、ひとつわかったこと。
怒りや、出したいものは、途中で止められるといつまでもくすぶる。
違うカタチにでも、とにかく出し切らせてやることが必要なんだな~。
こんなにアッサリ・スッキリして切り替えられるんだもの。

ボクシングやプロレスや、相撲の試合さながらに、
2人で取っ組み合いして、
私と長男が格闘した20分の結果・・・
何とも爽やかな時間が得られました(笑)

でも、母。疲れた。。。
(写真は、長男が次男をおんぶしているところ♡)

2 件のコメント

  • 美和子さん、スゴ~イ。
    怒りの転換をおんぶにすることを格闘しながらひらめいたなんて。
    攻撃力をスポーツに昇華させるのは人間の知恵ですが、そのスポーツも最近では変な方向に来ていたわけで
    人間は絶えず悩まされるんだな・・・です。
    攻撃的なタイプはエネルギーが強い子だから、大人はプラスに持っていけるようにしていけば
    有望株に化けていくんですから。(笑)
    吊り上がった目を下すのには、くすぐり作戦もありますが。(幼児期にはてきめんです)

    • わー!!みっこさんに褒められて嬉しい~~♪
      有望株に化けていく・・・って期待したいところですが、私が彼の可能性を潰さなければの話ですよね(汗)
      次男には、まだくすぐり作戦が利きますが、力の強くなった長男にすると、余計逆上してしまいます(涙)
      このエネルギーの強さは、確実に私の血を引いているなと思うので、息子ばかりも責められませんね。。。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    近藤美和子

    岡山県出身。大学は島根。就職は山口。結婚して愛媛へ。 2015年春に、愛媛から福岡に転居し、お母さん大学に出逢いました。 現在、小6と小3のわんぱく息子2人のお母さんをさせてもらっています。3年前から、わたし版【筑前町ゆりかご版】を書いています。 また、音楽療法士として、障がいのある子どもたちと関わる仕事をしています。 「お母さん」であることを、悩みもがきながらも、全身全力で楽しみたいと思っています! 好きなことは、自然・音楽・読書・ひとり旅・食べること・歌うこと・人と交わること・高校野球です♪