置いてけぼり

昨日、仕事が遅くなり、帰宅が夕方5時前になりました。

その日の朝、登校する前に小1の次男は、こう言って家を出ました。
「放課後、友達と遊びに行くかもしれんけん!」

そう言っていたので、
私が帰宅する時間にはきっと家にいないだろう・・・と思っていたのですが・・・

急いで17時前に帰宅すると、何と息子が家の前の歩道に座り込んで、
私の帰りをまだかまだかと、待っていたのです!!

その待ち時間、なんと1時間半!!!

「えー!!!!たっちゃん、友達のおうちに遊びに行ったんじゃなかったん!!??」
私は急いで車から降り、驚き、息子の冷えた身体をさすりながら、
泣きそうになる息子を抱いて、一緒に家に入りました。

次男の話を聞くと、その日は誰も遊べん、と言われたらしく、
家の中で留守番していたらいいものの、一人で家の中にいるのは不安で、
外で待っていたというのです。
「母さんは今か、今か」と1時間半も外で待っていたなんて、
もう、切なくなって、「ごめんねー!!」と謝りました。

そんな昨日だったので、今日は次男が下校するまでには家に居てあげたいと思い、
仕事を終わらせ、次男が下校するまでに帰宅しました。

そして、散歩がてら、通学路を歩いて迎えに行き、次男と一緒に帰ろうと思いました。

遠くから私の姿を見つけた瞬間、嬉しそうに走ってくる息子。
近くに来てシャッターを切ると、恥ずかしそうに顔を隠します(笑)

DSC_0914

一緒に手でも繋いで歩こう♡・・・としたところ、
さっさと私を置いて、走って家に向かう(涙)

あれ!!??

何だか拍子抜けの私。

あと1か月で見納めになる、この黄色い1年生用のランドセルカバーに
何だかしんみりしながら、走っていく息子の背中をただ眺めて、ひとりで歩きました。

DSC_0916

DSC_0917

左右、見渡すかぎり緑と、見上げれば真っ青な空。
気持ちの良い、大好きな通学路です。

昨日のお詫びのつもりが、息子の想いは違ったよう(涙)

でも、短い時間だったけど、久しぶりに散歩して、
息子と一緒に肩を並べて歩けなかったけど、
置いてけぼりくっちゃったけど、
春を見つけられて、嬉しかったな~☆

DSC_0913

ABOUTこの記事をかいた人

近藤美和子

岡山県出身。大学は島根。就職は山口。結婚して愛媛へ。 2015年春に、愛媛から福岡に転居し、お母さん大学に出逢いました。 現在、小5と小2のわんぱく息子2人のお母さんをさせてもらっています。わたし版~筑前町ゆりかご版~を書いています。 仕事は、音楽療法士として、障がいのある子どもたちと関わる仕事をしています。 「お母さん」であることを、悩みもがきながらも、全身全力で楽しみたいと思っています! 好きなことは、自然・音楽・読書・ひとり旅・食べること・人と交わること・高校野球です♪