向こう三軒両隣~近藤家の場合~

「ピンポ~ン♪」

今日も朝に夕に、我が家のチャイムが鳴ります。
「この時間帯はもしや・・・」インターホンの画面を見なくても、誰が来たかわかります。
その方は、いつも手に何かを持って、我が家に来ます。
その方は、2軒先のご近所さん。
5年前に我が家がこの地に転居してから、ずっと気にかけてくれて、ことあるごとに助けてくれるご近所さん。
私がインフルエンザで一週間寝込んだときは、毎日朝晩ご飯を作って、持って来てくれました。
【遠くの親戚よりも近くの他人】
まさに、それを日々感じながら生活しています。

夕飯時には、おかずのお裾分けが来ます。

DSC_1394

季節の新物を届けてくれます。(栗・柿・みかん)

DSC_2174

  

DSC_2371

仕事から帰宅すると、時には、この状態でおむすびがポストインされてることも(笑)

DSC_2471

 

DSC_2472

「いっぱいもらったから~!!」と、野菜のお裾分けも♪

DSC_0959

花好きな私のことを知っているので、時には、庭の花まで♪

DSC_1708

本当に本当に、ありがたい。
感謝しかありません。
いつも、「喜んで頂きます!!」と、玄関先で受け取っています。
そして、私も頂くごとに、何かお返しをしたり、帰省の際にはお土産を買って帰ったり、
頂きもののお裾分けや、おかずの差し入れをしたりしています。

この地域に身寄りがない私たちは、
「何か困ったことがあったら、この人に助けを求めよう」
そういう方がご近所さんにたくさんいます。

身寄りがないからこそ、この地域で暮らしていくためには、
日頃からの挨拶・立ち話・行事の参加などなど、
なるべく自分から関係を作っていくようにしてきました。

「頼られると嬉しい。」
そのご近所のおばちゃんは、いつも言ってくださいます。

【お互い様】
その気持ちを、私も持ち続けたいです。

ABOUTこの記事をかいた人

近藤美和子

岡山県出身。大学は島根。就職は山口。結婚して愛媛へ。 2015年春に、愛媛から福岡に転居し、お母さん大学に出逢いました。 現在、小5と小2のわんぱく息子2人のお母さんをさせてもらっています。わたし版~筑前町ゆりかご版~を書いています。 仕事は、音楽療法士として、障がいのある子どもたちと関わる仕事をしています。 「お母さん」であることを、悩みもがきながらも、全身全力で楽しみたいと思っています! 好きなことは、自然・音楽・読書・ひとり旅・食べること・人と交わること・高校野球です♪