おうちシアターのススメ お母さん記者が選んだ「子どもと観たい・子どもに観せたい映画30」

いいお天気なのに外出自粛。おうちにこもって何しよう?
そんなことにお悩みの皆さんへ、おすすめの映画を紹介します。

洋画や邦画、アニメにドキュメンタリーなどジャンルは問わず、
子どもと一緒に、あるいは、子どもと観たい映画を聞きました。

どんな映画か、おすすめしたい理由、
うちの子たちがハマってます、
映画を観てこんなことを学びましたなど、
映画にまつわる思い出とともに、
お母さんたちがおすすめする映画30選です。

グーニーズ/親が疎ましいちょいワル少年たちが、自分の住む街を守るため、大人と悪に立ち向かう大冒険。小学生になった娘とポップコーン片手に観たい(吉村優)

SING/シング/数々の名曲を動物たちが面白く歌って踊っているので、未就園児から大人まで一緒に楽しめます。車の中で聴いて一緒に歌うことも(池田彩)

天空の城ラピュタ/主人公パズーの全力でシータを守る姿は最高のイケメン像。空賊のドーラおばさんの判断力、指導力、やさしさは母として学びたい能力です(須戸真美)

砂の器/母が好きで中高生の頃、強制的に何度も。娘が高学年になったら一緒に観たい。時代背景、人間の業、音楽、芸達者な俳優陣…スゴイ!じゃ言葉が足りない(曽我幸恵)

母をたずねて三千里/4歳の長男に観せたところ、冒頭の別れのシーンから涙目に。男の子はお母さんものに弱いなとほくそ笑みました(日高あゆり)

となりのトトロ/私が小さい頃に何度も観た大好きな映画。息子といつか絶対に観たい。息子はどんなところが好きになるかと、今から気になります(萩尾かつら)
トトロのお腹に乗るメイちゃん…、母のお腹に乗る息子のよう。母になって観たら、今までとは違ったことを感じられそうで、それも楽しみ(杉本真呼)
お母さんはもうトトロに会えないけど…と言いながら一緒に観ました。今でもトトロに会ってみたい。夢を子どもたちに託させてもらってます(岩根直子)

ペイ・フォワード/社会科の先生が出した課題は「この世の中を良くするためには何をしたらいい?」というもの。えーっという最後だけど、純粋になれた映画(齊木聖子)

いただきます みそをつくる子どもたち/日本人として、母として、みそソムリエとしておすすめします。いつか上映会を企画します。未来ある子どもたちのために(平井直子)

ANNIE/アニー/超有名ミュージカルを現代版にした映画。観たあとにパワーをもらえるミュージカル。歌もダンスもありで最高に楽しい。子どもたちと観たい(花島由香理)

スター・ウォーズ/はじめて観たときのドキドキは今も続いてます。子どもたちにも観せたくて何度も誘うのですが、結局子どもたちは一度も観ないままです(山本妙子)

ハリー・ポッターと秘密の部屋/魔法の国の夢のような世界感や、友だちを大切にする姿に感動。最後の〇〇のシーンを息子と一緒に観て、真似できたらいいな(伊藤祐冴)

火垂るの墓/もう一度観たい!と楽しい気持ちになるものではないけれど、子どもには必ず観せたい。この映画を通して、戦争の怖さを伝えたい(脇門比呂子)

風の谷のナウシカ/本当に深い映画。子どもたちと一緒に観て、すべて解説するんじゃ意味がないし、何をどう受け取り感じるのか。そこを大切に観てほしい映画(安達真依)

リメンバー・ミー/歌も映像もきれい。時を越えて家族がつながる素敵な話。起承転転々結⁉ 観終わったら、家族みんなで抱き合いたい気持ちになります(中村泰子)

ジャングル大帝/父と母を失ったライオン・レオが、星空を見上げてお母さんを想うシーンで、まだ2歳前だった息子は涙を流し、私も泣きました(青柳真美)

ホーム・アローン2/楽しい映画なので息子たちと観たのですが、泥棒たちを懲らしめる場面が怖かったらしく、「嫌だ!怖い!」ととんでもない結末に!(近藤美和子)

魔女の宅急便/4歳の娘が大好きな映画。絵が素敵、セリフが素敵。大人になって観ると、また違う味わい。キキと同じ年になったらまた観返したいです(井上成美)
キキが成長しながら、一つの成長がゴールではなく、成長した先の困難に、キキなりに立ち向かったり悩んで落ち込んだり。大人も子どもも楽しめる映画(大石千春)

サウンド・オブ・ミュージック/長男2歳の頃、夫が小さい頃にお母さんに連れられて観た思い出の映画。これに長男が見事にはまり、何度再生して観たことか(佐藤るみ)

ナイトミュージアム/展示物が動く衝撃!大笑い!観た後に行った自然史博物館ではソワソワドキドキ。歴史の悲しさや切なさも伝わったようです(宇賀佐智子)

メリー・ポピンズ/大好きすぎて何度も観ています。歌は苦手だけど、歌いたくなるし踊りたくなる楽しい映画。もうすぐリターンズ公開!絶対観に行くぞ(神澤瞳)

ホーム・アローン/もう何度も観ていますが、クリスマスにまた観たくなり、4歳の娘と観ました。「男の子が泥棒をやっつける映画」を観たと祖父母に話していました(高野智恵)

言の葉の庭/中学生の娘と観ました。夢を持って、自分で自分の道を切り開いていってほしかったから。アニメですが映像がとてもきれいで大好きな映画です(横澤真千)

ゆかいな天使<ペット>トラブる・モンキー/宝石泥棒に手なずけられていた猿が少女と出会って巻き起こる騒動。一寸も見逃せないほど楽しくよくできた作品です(広田悠)

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲/家族の絆の大切さ、豊かさ=幸せなのかという問いをとても上手く表現している映画。家族で観たい(藤川綾子)

チャールズ・チャップリン/親子3人で映画館に。字幕スーパーで娘はわかりません。チャップリンは夫が、他の役は私が何役もこなし、右耳と左耳に小声で(積山礼子)

トイ・ストーリー4/今年7月12日公開予定。シリーズ3まで、12歳・9歳・6歳・2歳の子どもたちと繰り返し観ています。パパもママも楽しめます(矢吹敦子)

ジュマンジ/ジャングルや動物がプレイヤーの前に出現するボードゲームの映画。主人公がサイコロを振るたび何が出てくるかドキドキ。家族みんなで楽しめます(杉本真美)

パンダコパンダ/幅広い年齢で楽しめる。2歳でなんとなく観られて、小学生の兄も結局観ています。親的にもアンパンマンやトーマスよりかなり楽しめます(山中菜詩)

インサイド・ヘッド/多感な思春期女子の中に住む、5つの感情が切磋琢磨して成長していく物語。同年代の娘を持つ母として、気持ちが手に取るようでした(三代川りか)

チャーリーとチョコレート工場/世にも不思議なチョコレート工場は、圧倒的なインパクトで忘れられない映画に。子どもも大人も楽しめるわくわくドキドキの世界(水島加奈)

※リンク先の情報は参考まで。

 

ABOUTこの記事をかいた人

編集部 青柳 真美

お母さん大学事務局兼お母さん業界新聞本部編集部。お母さん業界新聞編集チーフ。一般社団法人みそまる普及委員会代表。みそソムリエ。宅地建物取引士。仕事は、お母さんを笑顔にすることと、味噌を伝えること。具体的には、編集・企画・営業・イベント…。家族と仕事以外に、私の人生に欠かせないもの…車/映画/本/旅/食後のコーヒー。息子1人(28歳)。