最高に盛り上がる、500円玉つかみどり。ばあちゃんのお年玉

私の母から孫たちへのお年玉が、ここ数年恒例で「つかみ取り」である。
母は500円玉貯金を一年間続け、その集大成として孫たちに提供している。

これがかなり盛り上がり、楽しい。
最初の人が得するかといえば、ぎゅうぎゅう詰まっていて取りにくかったり、
かと思えば最後の人は50円玉や10円玉が紛れていたり。

楽しんだ後は、数えて、それを一年間のお小遣いとして考える。
だって1〜2万円くらいになるのだからかなり大きな額!
貯金にまわそうか、一月いくら使えるのか。
計画的に使えるかな?
昨年は半年で全部使ってしまったね〜などと話したり。

この子たちの思い出の中に残っていくのかな。

(お母さん記者/植地宏美)

ABOUTこの記事をかいた人

編集部 青柳 真美

お母さん大学事務局兼編集部。お母さん業界新聞副編集長。みそまる普及委員会代表。みそソムリエ。宅地建物取引主任者。仕事は、お母さんを笑顔にすることと、味噌を伝えること。具体的には、編集・企画・営業・イベント…。おっと、忘れちゃいけない大事な仕事が、藤本学長のツーヤクとカイゴ。家族と仕事以外に、私の人生に欠かせないもの…車/映画/本/旅/食後のコーヒー。息子1人(27歳)。