お母さん大学は、“孤育て”をなくし、お母さんの笑顔をつなげています

実録!40代の3人子育て。またしても産後(体調が)クライシス

4月末に、3人目となる男の子を無事出産しました。

産後身体的不具合の多いことに我ながらびっくり!
たったの3年ですが、
2人目を産んだ30代後半のときと全く違います。

この3か月で感じた不具合を羅列します。

・全身筋肉痛。(なんで?意味不明)
・腰が痛い。(トコちゃんベルトを締めるようにして軽快)
・手首が痛い。(整形外科で湿布もらってきて軽快)
・肩こりがひどくて頭痛がする。(授乳中でも飲める痛み止めを処方してもらってごまかす)
・足首が痛い。(知らぬ間に治った)
・目が乾きすぎてコンタクトが入れられない。(家の中ではひたすらメガネ使用)
・眠すぎて授乳中意識を失う。(そして自分のイビキでびっくりして目が覚める)
・おっぱいの調子も悪い。(母乳外来へ行くも治らず現在乳腺外科通院中)

3人目だから赤子育てもお手のもん?
お母さんの年齢が高いと
精神的に安定していて子育てに余裕が??

それはそういう側面もあるかもしれんけど、
大前提として身体的には若くて体力があったほうがいい
に決まってるやん!!

ということを感じつつ、毎日必死で
なんとか一日を終わらせている今日この頃です。

しかし、
こんなに文句と愚痴を垂れておいてから言うのもナンですが、
家族が増えて、
とーーーっても楽しく幸せな毎日を送っています!
いや、ホント!!(^o^)

そしていくら嘆いても若返ることはできないので、
せめて筋トレをして筋力、体力をつけることにしました。

目標は、18キロを超えた長男を高い高いすること。
子どもたちと親子ランに出られるくらい
走れるようになることです!!

(お母さん記者/

1件のコメント

私の母は43歳で私を出産しました。6人目の出産でした。
母はそのまま入院。私は未熟児で 若い看護婦さんと13歳年上の姉がお世話をしてくれました。
母子家庭でしたから 退院して療養しなければならない、それでも働いて5人の子どもを育てました。
身体はいつもボロボロでした。参観日や運動会に顔を見せてくれたこともありませんでした。
それでも母は母です。 5人の兄妹が晩年の母を支えました。 母は病気のデパートと自分を呼んでました。
救急車に運ばれたのも多々ありました。入院するたびに 兄妹は家事をして妹弟の世話をする。妹弟は兄や姉からそれらを学びました。
私と入れ違いに鬼籍に入った父も無念だったことと思います。 母は強しです。母の存在が兄妹のチカラと知恵を学びます。
ハンデイはプレッシャーではなく希望です。 毎日の暮らしに支障は有っても、子育てにマイナスは有りません。
疲れたら、ここに来て愚痴ってください。 瞳さんの底知れぬチカラが湧いてくることを願っています。
無理しなくて良いんです。 大いに手抜きをしてください。 母である事に年齢を気にしないでください。
高齢で子宝に恵まれたのですから。大丈夫です。栄養と休養を率先して取ってくださいね。
私の母は94歳まで母でした。大往生です。時間はたっぷりあるので 取りこぼしも回収できます。
兄妹は、皆 母を大好きです。 いつまでも。 大丈夫!大丈夫!

コメントを残す

ABOUT US
編集部 青柳 真美お母さん大学本部
お母さん大学事務局兼お母さん業界新聞本部編集部。お母さん業界新聞編集チーフ。みそまるマスター。みそソムリエ。宅地建物取引士。仕事は、お母さんを笑顔にすることと、味噌を伝えること。具体的には、編集・企画・営業・イベント…。家族と仕事以外に、私の人生に欠かせないもの…車/映画/本/旅/食後のコーヒー。息子(29歳)。