実は、子どもが苦手でした

妻と横浜で出会い、がばい旋風の奇跡で
母校が甲子園優勝したのをきっかけに結婚して、早十数年。
8歳·5歳· 2歳と、3人も息子を授かり、
煩わしいくらい、にぎやかな5人家族となりました。

ですが、結婚当初は、子どもが欲しいとは全く考えておらず…。
それどころか、子どもにからまれると、逃げ出すタイプ。
そもそも面倒だし、2人の時間が減るし、いいことあるのか?と思っていました。
人生って不思議なものです。

じゃあ、なんで、子どもが欲しくなったのかと言うと、
なんとなく、なんですよね。
直感的になぜか、子どもがいたらもっと楽しくなるんじゃないかな、と。

ところが、長男を授かった途端、東日本大震災が。
仙台に住んでいた経験もあり、
見覚えのある風景がなくなっていくことに、大きなショックを受けました。

お医者さんに、全く問題はないでしょうと言われていた初産は、
予定日をとうに過ぎ、陣痛促進剤を使ってもなかなか生まれず、
妻のあまりに苦しそうな様子に緊急帝王切開を決断。

産後は、妻の実家は遠く、佐賀に友だちがいなかったこともあり、孤育てを経験。
苦悩の日々でした。
正直、これが正しかったのかと思い悩むときもありました。
それでも妻と、きっと未来がある、すべては「必然」だ、と話していたところ、
新しい出会いに恵まれ、ようやく乗り越えることができました。

その出会いの一つが、幼稚園の園長先生です。
「子どもは3人がいいよ」と何回も何回も言われ…。
そのうちやっぱり、なんとなくいいなと思うように。
子どもが苦手だった自分が、「3人目が欲しい」と言い出すまでになり…
結果、息子3人のお父さんです。

これからも、福田家をよろしくお願いします。

福田建悟(佐賀県佐賀市)

(お母さん業界新聞ちっご版Vol.66 2020年8月号 3面 リレーコラム パパスタイル)

ABOUTこの記事をかいた人

安達真依

お母さん大学久留米の事務局長☆あだっちゃんです。 旦那さんの実家に完全同居。 嫁姑問題に立ち向かいながら、同居のいいとこ探します。 元気もりもりな5歳7歳9歳の息子3人と体力勝負の毎日です。 #同居嫁、#年の差婚、#男児3人、#不登校、#PTA役員、#保育園、