12月号宿題◆MJ30「母を漢字一字で表すと…」

年末恒例、一年の世相を“漢字一字”で表現する「今年の漢字」。
公益財団法人日本漢字能力検定協会主催により、1995年から毎年開催されています。

早くも2021年の公募が始まっています。
12月6日までに応募された漢字の中から選ばれた今年の漢字一字が、
12月13日に、京都の清水寺から発表されます。

2020年は「密」でしたが、
2021年はどんな漢字になるのでしょうか?

さてそこで、私たちも、
お母さん業界新聞12月号MJ30のお題として
「漢字」を募りたいと思います。

但し、今年の一字ではなく、

「私のお母さん」を表す漢字一字です。
「私のお母さんはこんな人」と、漢字一字で表し、
その理由も教えてください。

 

お母さんの人となりがわかるエピソードや解説
お母さんにまつわる話など、書ける人はお願いします。

それから
注意事項が2つあります。

1.自分ではなく、「自分のお母さん」について。
2.字数は60~80字(長いのはOK。短いと掲載不可なので要注意)
3.すでに出た(誰かが選んだ)漢字はボツ!

はい。つまり、早く出したモン勝ちですが、
この機会に、いろいろな漢字の意味を調べてみるのもいいですし、
ついでに、漢字がわかる子どもには、
「お母さんを漢字で表すとしたら?」と聞いてみても面白いですね。
サービスコメントとして、よかったらそれも教えてください。

ということで、
みんなが描く「お母さん」、楽しみにしています!

【回答例】
・朗/そこにいると場がパーッと明るくなるような朗らかな人柄で、たくさんの友だちに囲まれていた母。父が、伴侶に選んだ理由として、いつも自慢していましたね。

・働/とにかく働きっぱなしの母でした。でも、自分で選んだ仕事を自分らしく最後までやれたから幸せだったかも。生きること、働く意味を教えてくれました。

【回答方法】
★本名発信。
★複数回答歓迎。但し、1ネタ1本で。
★60~80字程度。長い文章は編集して掲載します。

★回答はコメント欄に記入、または直メールで、info@30ans.com へ。
(1)お母さんの名前、(2)ケータイ(日中連絡がとれる番号、アドレス)を記し、
件名は「母を漢字で/名前」でお願いします。

※お母さん大学生は、コメント欄に書いてくださいね。

★回答(宿題参加)いただいたものは、
「お母さん業界新聞12月号」(12/1発行)に掲載させていただきます。

お母さん大学生以外の方も回答(宿題参加)いただけます。
※掲載紙を郵送しますので、名前、〒住所、ケータイ番号、アドレスを書いて送ってください。

★締め切りは、11月15日(月)
どうぞよろしくお願いいたします。

38 件のコメント

  • 母を漢字で表すと『凄』です、
    決して子育て中は寝込むこともなく常に元気
    大変な時もあったと思いますが
    比較的理性的でもあり優しくもありました。
    すごくできた母だと思います。

  • 春/あったかくて細かな気配りが上手な母。上手な人たちの輪に飛び込んで英会話にチャレンジし凹む様子には勉強させられています。いつも心は新しい季節、春のよう。

  • 和/お喋りが大好きな母。親戚での集まりの場では、場を和ませるのがとても上手でした。和食が得意で、和え物がよく食卓に並んでいました。書道や着物など、和の文化をこよなく愛した人だったと思います。

  • 喋/この子は、口から生まれてきたと祖母から言われていた母。息つく間もなく喋るので、女版のさんまさんだと思っていた。母と電話するといつも長くなってしまうのは、私も母の子と言うことか。

  • 私の母、と言われて浮かんだものは2つ。

    陽/とにかく常に明るかった母。結婚してから苦労も多く、日々の生活もきっと大変だったと思うのだが、いつも明るかった。
    私が結婚する時に「妻は家庭の太陽です。常に明るく笑顔でいなさい」という手紙をくれた。母の明るさの理由はそれだったのかとその時知った。

    寝/よく寝込んでた。頭が痛い、気持ちが悪い、だるい、と。
    なんでこんなにいつも寝てるんだと子どもながらにイライラしたこともあったが、今ならそれが心の底からわかる・・・お母さんというものは常に疲れる・・・お母さん、イライラしてごめん。

    【サービスコメント】
    小4長男に、私のことを聞いてみた。
    真っ先に出たのは「怒」・・・いつも怒ってるから、と。
    あまりにショックだったので、他には無いのかと詰め寄ったら、
    「作」・・・いつも何か(ご飯とかお菓子とか)作ってるから、と。

    そんなふうに思われてたのか、となんとも言えない気持ち(笑)

  • 情/情に厚く、感情豊かな人。多趣味の母は沢山のコミュニティがあります。その趣味の中で運動音痴の母が始めた当初は家族がどよめいた『ボーリング』。コロナ前は試合で他県に行くことも。ミニスカートを履いてくまモンのマイボールでパッション継続中の母はいつも若々しい。私もそうありたい。
    【サービスコメント】子ども達に個別にLINEで質問しました。あえて家族LINEではなく。
    「ママのことを漢字一文字で例えたら何ですか?またその理由。」
    長男:子/子供への愛情がすごいから
    次男:母/子供のことをよく考えてると思ったから
    長女:動/なんもしてない時がない的な、ウクレレとか趣味もあるし
    次女:真/いつも真っ直ぐで真実しか言わないから
    三男:頼/頼もしいから
    宿題が出なかったら、絶対聞くことはなかっただろうこの質問。いい機会を頂けて、感謝です。
    珍しく長男の返信が早かった。
    もっと詳しく聞いてみたいと思ったけど、自分にいいとこどり解釈の方が幸せかなと。長女のウクレレ発言は、ウケました。平日も家事が終わってウクレレタイム。ここ数ヶ月の私をみたら、ウウクレレは切っても切り離せないものなんだろうと。

  • 周/いつも予定をギチギチに詰め込んで、ぐるぐるといろんなところに行き、ほとんど家に居ない人。誰とでもすぐに仲良くなって、周りを巻き込んでいつもお祭り騒ぎな人。なんでもギリギリでいつもバタバタして周りの人にいつも助けてもらっている人。

    お陰であまり一緒に過ごした記憶がないです…。

  • 花/生け花を教えていた母と歩くと、花の名前が次々覚えられる。
    若くして親になった母は、たくさんの学びを重ねながら子育てをしてきた。
    そっと、でもたしかに根を張っている花。母が築いてきた子育て期も、きっと野に咲く花のようだったのだと思う。

  • 港/時にはナビをすることもあるけれど、そっと見守ってくれる母。ここに戻ってくれば大丈夫だという安心感。

    【サービスコメント】夕食時に長男次男に聞いてみました。
    長男)城・空(選べないと…)/がっしり構えて守ってくれる。でも、漢字にすると堅いね。似たようなもので、もっとやわらかいイメージの漢字はないのかなぁ…と真剣に考えていました(笑)

    次男)母/そのままだよ。(オイッって思ったけれど、いいんじゃないですか(笑))兄が答える漢字を聞いて、「わかる~」と共感していました。

    【余談】ほんとに小柄なわたし。早々と長男には抜かされ、今は既に20センチも差があります。ホント小さいよなぁと言われるのが日常茶飯事ですが、守られているって思ってくれていたんですね。気持ちは伝わっていたんですね。ちょっと嬉しかったです。

  • 真/
    真摯に、どんなことにでも取り組んでいく人
    真剣に、いつも向き合って話を聞いてくれる人
    真心があり、裏表なくさっぱりしている人
    抱え込みがちで心配になりますが、真っ当な仕事ぶりは小さい頃から誇りでした。
    ちなみに化粧を全くしないので、真の姿でありのままに生活してますね…

  • 豪/大きな声で豪快に笑う。母が笑うだけでみんなつられて笑ってしまう。身長170センチ大柄。参観日、頭1つ飛び抜ける母はすぐ見つけられた。落ち込むときはとことん。だけど立ち直りと切り替えも早く、男気あふれる母。

  • 鏡です。
    認知症の老いていく母。自分と似ている所もあるし、嫌な所もある。もしかしたら自分もそうなのかしら?こうなるのかしら?なんて思って、同居してると、イライラして冷たい言葉をかける時もありますが、ふと、自分もこんな年寄りになるのかな、と思うと反省するのです。

    魔です
    夕べこの話しを母にしたら、ニヤっと笑ってカードを出してきた。
    そこに書かれていたのは、

    「おかあさんはまほうずかい。なんでもできちゃうすごい人」

    母は、
    お前が小2のとき書いてくれた誕生日のカードだよ。
    嬉しくてとっておいたんだ。

    「ええーやだー!使いが、ず、だしー」
    と言いながら、慌ててトイレに入って泣きました。

  • 歌/今は亡き母。歌うことが大好きで、私が子どもの頃はママさんコーラス、大人になってからは一緒にゴスペル。そんな母の影響で、私も歌いことが大好き。母の母もまた80歳までママさんコーラスで舞台に立っていました。私も一生歌い続けます♪

  • 絶対、他の方とかぶると思っていましたが、意外とないのね。

    私には足りないけど、母といえば愛じゃないかな?
    と思いまして。

    足りないけど、母=子どもがいる=子どもは愛おしい
    というわけで、愛。

  • 早い者勝ち!
    いきます。(笑)
    「笑」
    わたしの母を1文字で現すと、「笑」です。

    いつも一生懸命人に尽くす母。人と感性が違うのか、天然で、大ボケ小ボケ色々あり(笑)母のそばにいるだけで自然と笑顔になれます。母を見てるだけであったかい気持ちに。いつか、そんなお母さんになりたいです。

    娘からの母の漢字一文字、また聞いてコメントします!

  • 強/自分の弱さも情けなさも認めて生きていて強さを感じる。父と死別して自分の実家に戻り、祖父母の助けがあっての私を育てる過程は大変よりも楽しかったし、育てた感はないといつも謙遜。私はそんなお母さんにはなれないなと思う。

  • 「挑」 何歳になっても挑戦し続ける母はスゴいです 色んなことに興味があって新しいものは好き こんなとこはしっかり受け継いでます
    TVでYouTube LINEでリモートまでこなす母は永遠の青春です

  • 自分の好きな事を仕事にして、毎日遅くまでピアノのレッスン。私との関わりだってしっかりしてくれ、やりたい事もやらせてもらった。
    料理だってうまいし、なんでもさらっとこなしちゃう逞しい母。

  • 「恐」です。
    小さな頃から、厳しくて、いつも怒られてばかりでした。
    失敗すると、眉と前髪の生え際が、キュッっとあがって、目が六角形になる。すると、物凄く恐い声で叱られる。泣くまで叱る。泣いても叱る。
    しかし今思えば、都会育ちの母が、自由も娯楽もない、厳しい田舎生活を余儀なくされ、寅さんのような父に毎日辛かったんだと思います。本当は良くないことだとは分かっていも、長女で母に似た私に受け止めてほしかったんだとおもいます。

  • 「若」/ どんな時も何かにチャレンジしたり、資格をとったり、私や兄、まだ子どもが小さな頃、子育てだけでも大変なのに、父の海外への転勤が決まってから移転先の国の言葉の勉強したり、異国で車の免許とったり、好奇心旺盛で楽しんでいるようでした。若いなぁと感じます。

  • 静/ 物静かで上品な母だから。母は、月光が映る静かで穏やかで美しい海のイメージだから。

    [サービスコメント]自分の子どもに聞いてみた
    長女からは、/ 雑
    次女からは、/ 優

    長女からの一文字に、ショックを受けた。ササッと颯爽にしているつもりが、バーっとジャーッ、ドバドバー、バタバタ!って、雑やもんってさ。ガーンとなる私を哀れに想ったのか、次女がすかざす、でも優しいけん、優だよ。ってフォローしてくれた。ありがとー!

      • もう佇まいが、静かな感じで、これ!というのがないのですが、え?こんな時もテンション上がんないの?って思ったのは、コンサートに行った時でした。→○特に外では、ぺちゃくちゃ喋ったり、大笑いしない母。何かいう時は、あまり口を大きく開けたりせず、低くて小さな声で囁く母。だからか、自然と私も妹‌も、外ではほとんど声を発さない子でした。私が小学生の時、家族と友達の家族で、早見優のコンサートに行った時も、、、 みんな総立ちで手を上げて盛り上がってる中、ローテンションでじーっと動かず、早見優を静かに見ている母。いつもは私も、はしゃがないようにしていますが、ついつい、みんなと一緒に、イエ~イ!と手を上げたその瞬間、母から「こら!ヤスコ!」と怒られました。
        もちろん!家の中では楽しいことがあると、よく笑う母でしたが、なんだか上品。洗濯物をたたむのも、湯呑をテーブルに置く瞬間も、丁寧でバタバタしていなくて、いつも落ち着いています。

          • あーこんなんで良いかですか?すみません。まとまり悪くて。。。あと、一言、ボヤキ↓
            何事も丁寧で心静かな母に育てられたのに、私は、娘から「雑」と言われるくらいなんかワチャワチャしている人間に育ったという。。(;´∀`)神様のイヂワルーなーんて思っちゃいました(笑)ちゃんちゃん

  • 【娘】
    少女のような母。よく周りからも「母娘が逆転してるね!」と言われていました。私が結婚するより早く再婚した母。嫁いでいく母を、独身の私が「いってらっしゃい」と見送りました(笑)

  • いつもいつも家の中を掃除していた母。掃除機に拭き掃除、一日に何度もしていて、働いているんだから少し休めばいいのにと思うほど座ってることのない母でした。

    片付けられない私はいつも怒られていて、こんなならかたづけなんてしてくれなくていいのにーとずっと思っていました。

    最近父が亡くなり、実家には誰もいなくなってしまったのに、前より掃除しなくなったわーと言いながらもキレイにしていて。

    掃除をするのは家族のためでなく、自分の心を整えるためだったんだ!と最近気づきました。もう少し早く気づいていたら、母の掃除が止まらない時にかける言葉は違ったのにーと申し訳なく思うのでした。


  • 料理や裁縫など、いろいろ手作りしてくれていた気がする。特別上手なわけではないけれど、うれしかった。特に料理は、母がそうしていたおかげで私も好きになり、そして私の長男も料理好きになった。

  • 細/母は子どもの頃から細かったが、子どもを生んでも細かった。今なら分かる、母の苦労。九州男児の父は家のことは何もせず、全て母任せ。子ども3人と大きな子ども1人にたくさん食べさせようと、おやつもご飯も全部手作り。たくさん食べる子ども達に、自分のご飯を分けてくれるような母だった。きっともっと食べたかったよな。好きで細い訳じゃなかったんだよな。毎日家事に育児に、子どもが大きくなってからは仕事もまた始めた。母って凄いな。
    年末に帰省したら母と美味しいご飯を食べに行こう!

    宿題遅くなりましたー。

  • 頑/小さな頃は真面目で冗談が通じない母の融通が効かないイメージ。ほぼ褒めてもらえない。叱るときは淡々と。お母さんが絶対だった。私たち3きょうだいを育てるのに、必死だったのかな、と今なら思う。会いたいなぁ。

    【サービスコメント】
    18歳の長女に聞いたら秒で「慌」という答えが返ってきた。ですよね〜〜(爆)とにかく常に慌てふためき、忘れ物がない日はない、母であります。

  • 配/目配り気配り心配りに加えて目利きがいい母。
    幼稚園、高校、その後の進学、子ども3人全て違うところへ!それぞれの性格や雰囲気に合った場所を探し出す。それはそれぞれピタッとはまるから不思議!
    母に育ててもらってよかったよね!それぞれ結婚し、親元を離れた弟妹と話すのはこればかり!

  • 宿題遅れました!そして用意していた言葉は「配」で岸さんと一緒です(;・∀・)
    配/心配性な母。寒くない?大丈夫?とよく聞かれました。今でも子どもたち(孫)のことを気にかけてくれて、季節の変わり目には洋服を新調してくれます。
    気配り・心配りもできて、お付き合いのある方に贈り物をしてる姿はすごいなと思っています。姉は母のように育ちましたが、私はやってもらうことに慣れてしまい、気配り上手でないので反省です。

  • 池田慶子さんの代理で(^^)/

    編/いつもあみあみしている母。編み棒を置くのは食事の時だけかな?先週は靴下、先月はベスト、おとといは余った毛糸で孫の帽子ができていた。(池田慶子)

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    お母さん大学事務局兼お母さん業界新聞本部編集部。お母さん業界新聞編集チーフ。一般社団法人みそまる普及委員会代表。みそソムリエ。宅地建物取引士。仕事は、お母さんを笑顔にすることと、味噌を伝えること。具体的には、編集・企画・営業・イベント…。家族と仕事以外に、私の人生に欠かせないもの…車/映画/本/旅/食後のコーヒー。息子1人(28歳)。