神の手

2年前から福岡在住の我が家。

野球好きの私たち夫婦の影響もあってか、息子たちは当然のごとく野球に興味が出て、

毎晩ナイター中継を見るように。

週末ごとには、父子で野球三昧。

そして、今、日本シリーズの真っ最中。

連日連夜、テレビの前にかじりつく我が家。

もちろん、福岡ソフトバンクホークスの応援⚾

 

先日の試合で、今宮選手が「神の手」でホーム生還し、逆転で勝った試合。

その翌日、新聞やテレビ各社で「神の手」報道が過熱した。

 

それを逆手に取った母。

毎晩、夕食を家族で囲むとき、どうしても、何回言っても、毎日言っても、

息子は手をお皿に添えないことが続いていた。

毎日毎日、何回も口を酸っぱくして

「左手をお皿に添えて」

「こうやってごらん」

「母さんの真似をしてごらん」

言っても、見せても、どうもお皿に左手がいかない。

毎日、嫌々ながら、母に言われるからやるという感じなので、全く身につかない。

 

そこで閃いた!!

「あっくんの神の手を出してみて♪」

すると・・・降ろしていた左手がサっと机の上に出てきた!!(笑)

 

ここ最近は、注意するときも、「ほら、神の手が!!」など言うと

親も子も笑いながら食卓を囲むことができるように・・・

日本シリーズの間は、これでもつかな~(笑)

 

ABOUTこの記事をかいた人

近藤美和子

岡山県出身。大学は島根。就職は山口。結婚して愛媛へ。 2015年春に、愛媛から福岡に転居し、お母さん大学に出逢いました。 現在、小6と小3のわんぱく息子2人のお母さんをさせてもらっています。3年前から、わたし版【筑前町ゆりかご版】を書いています。 また、音楽療法士として、障がいのある子どもたちと関わる仕事をしています。 「お母さん」であることを、悩みもがきながらも、全身全力で楽しみたいと思っています! 好きなことは、自然・音楽・読書・ひとり旅・食べること・歌うこと・人と交わること・高校野球です♪