母の日には・・・

母の日。この2年恒例にしていることがある。
プレゼントも何もいらないから、晩御飯はこどもたちでご飯を作ること。

手取り足取り教えながら料理すると、私ひとりで作るよりも倍時間はかかるけど、
とにかく自分でご飯が作れるようになってほしいとの想いから。

平日の夕方は、小学校から帰ってきて、5時過ぎまで友達と遊んで
その後に宿題やら何やらで、なかなか一緒に台所に立てない。
小4の長男なんかは、恥ずかしさもあいまって、
「めんどくさい~」などと言っては、母との共同作業を嫌がる。

なので、母の日ぐらい、ゆっくり時間がかかってもいいから、
自分たちでご飯を作ってね、それが生きる力になるから。
そんな想いを押し付けている母だ。

去年は、シチューを作ってくれた。
「今年は何作る??」と息子に聞くと、
「えー!?」など言うも、
「餃子!」と答えた長男。

一緒に買い物をし、餃子の材料を買って、いざ料理!!

まずはキャベツのみじん切り。
「面倒くさい!!」「やりたくない!」などと言って
なかなかスイッチが入らない長男。
ギャーギャー言いながら、わざと危ない切り方などして、ハラハラさせる。

種を混ぜて、やっとこさ見通しが立ってくると、やる気になってくる長男。
餃子は今までも何回も作ったことがあるし、
私よりも几帳面で丁寧な長男は、種を包み、ヒダを作る綺麗さにこだわる(笑)

水で糊付けする次男の人差し指の可愛いこと♡
 

料理するまでは面倒くさがって抵抗していたものの、始まるとスイッチが入って真剣な2人の後ろ姿。

手伝おうものなら
「母さんせんでいい!」など言われる始末。。。

出来上がりの綺麗さにこだわる長男。
「どうだ!!」

包めれば嬉しい次男。

そして、いつもは片づけてあるホットプレートを久しぶりに出してきて焼きます。

出来上がり!!!

美味しそうでしょう~~~♡

そして、今日は特別ということで、3人で乾杯~~~!!!
こどもたちは、カルピスソーダ。
私は2年物の自家製梅酒で。

できたてが熱すぎて、すごい表情の次男がおかしくて、思わず激写!!

男衆3人は、決して気が利くほうではなく、
花のプレゼントなどないけれど・・・
行きつけの八百屋さんが「母の日」だからと、
無料配布してくれたカーネーションが私のお気に入り。
食卓を飾るには、これで十分♪

そして、「絵を描いたらお菓子がもらえる」ことにつられて描いてくれた母の顔。
髪の毛もショートカットで似ている!

お母さんへのメッセージ、何を書こうかさんざん悩んでいた次男。
「ありがとうでも、だいすきでも、ご飯おいしいよ、でも何でもいいとよ」
と言ったけれど、(どう書いてほしいのか私の下心が丸見え(笑))
結局息子が書いた言葉は・・・

「からあげをつくってね」

笑!!!

う~ん、我が家には唐揚げ、滅多に出てこないもんな~(笑)

思い出の絵になりました♪

息子たちがいつまで一緒にご飯を作ってくれるかわからないけど、
こどもたちが作る餃子は最高に美味しかったです♡

4 件のコメント

  • 写真で刻々とその時々の子ども達の様子がわかってとても楽しく読みました。
    ホットプレート、子育て中には出番があったな~っと、すっかりこの器具すら思い出せなくなっていました。
    お兄ちゃんのキャベツと格闘している姿が男らしいですよ。
    からあげつくってね」のところ「つくてっね」はどっちが先かな・・・て思ったのかな?
    梅酒は私も夫や義姉が作ったものを美味しくいただいています。
    私の母の日はコンサートで楽しく過ごしてきました。

    • みっこさん、コメントありがとうございます☆
      ホントですね!「つくてっね」は気付きませんでした(笑)
      こうやって写真つきで、時系列で記事を書いていけるので、
      一生の記念になります。

      みんなで囲む餃子パーティーは格別でした♪
      でも、男の子2人だから、いつまで一緒にこうやって楽しめるかな~と思うと寂しくもなりますね。
      来年もこうやって書けますように。。。

  • 真剣なちびっこシェフ!

    とっても素敵な記事です。

    近藤さん。

    この、母の日企画、これからも、ずっと、ずっと続けてください。

    息子たちが、家を出るまでね。

    家を出るとき、一冊の本にまとめましょう!

    いつか、息子さんたちの子どもにもつながりますように。

    • ふ、ふ、ふじもとさん。
      ひょえ~です!
      そんなビッグな企画を思いついてくださるなんて!!
      でも、私単純なので、喜んで飛びつきます(笑)その企画☆
      またひとつ、夢ができました♪
      息子たちが大きくなったとき、母の日には一緒に台所に立ったことを思い出してくれるかな。
      息子たちのこどもにも繋げたい・・・私もそう思い、半ば強制的にやってます(笑)
      そのうち、夫と息子2人で作ってくれるようになるかも・・・ですね!

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    岡山県出身。大学は島根。就職は山口。結婚して愛媛へ。 2015年春に、愛媛から福岡に転居し、お母さん大学に出逢いました。 現在、小6と小3のわんぱく息子2人のお母さんをさせてもらっています。3年前から、わたし版【筑前町ゆりかご版】を書いています。 また、音楽療法士として、障がいのある子どもたちと関わる仕事をしています。 「お母さん」であることを、悩みもがきながらも、全身全力で楽しみたいと思っています! 好きなことは、自然・音楽・読書・ひとり旅・食べること・歌うこと・人と交わること・高校野球です♪