大晦日を選んで逝った、ひいおばあちゃん

大晦日、施設に入居している101歳の義祖母が亡くなりました。

認知症でなかなか意思の疎通ができなかったけれど、
ご飯はしっかり食べ、身体はしっかりしていた義祖母。
そんな義祖母が、ご飯が食べられなくなったと連絡があり、
でもいやそんなわけないよねと家族みんな思ってた。

それでも、施設の人や往診の先生からはもう長くないと言われ
少しずつ実感が伴ってきた。

29日から、夜はそばに居たほうがいいと言われ
家族が交代で付き添い。
ドキドキしつつも、案外大丈夫かなーという感じ。
30日の夜は、安定してるから泊まらなくてもいいですよと
施設の人に言われるも、一応付き添い。
31日の朝、往診があり、安定してますねと言われる。
お、これは年越せるんじゃない??と私は思ってしまったんだけど。

31日の昼過ぎ、眠るように逝きました。
病院に入ることもなく、機械に繋がれることもなく。
それはそれは、幸せな逝き方だったんじゃないかなと思う。

残念ながらほぼ立ち合いはできなかったんだけど。
親戚みんなが集まった。

寂しがり屋のおばあちゃんが、みんなが集まれるように大晦日を選んだのかもね。
そう言った人もいた。

なかなか親戚づきあいが薄れていく昨今だけれど。
やっぱり、人とのつながり、血のつながりは
大切にしたいと私は思う。

子どもたちにも、なんとなくでも伝わればいいな。

写真は、30日に私の実家でしたもちつきの様子。
三男4歳。
もちの感触を楽しんでる模様。

(お母さん記者/

ABOUTこの記事をかいた人

編集部 青柳 真美

お母さん大学事務局兼編集部。お母さん業界新聞副編集長。みそまる普及委員会代表。みそソムリエ。宅地建物取引主任者。仕事は、お母さんを笑顔にすることと、味噌を伝えること。具体的には、編集・企画・営業・イベント…。おっと、忘れちゃいけない大事な仕事が、藤本学長のツーヤクとカイゴ。家族と仕事以外に、私の人生に欠かせないもの…車/映画/本/旅/食後のコーヒー。息子1人(27歳)。