1296円の出し方。旅先で財布ごそごそしてたら、関西人。

絵本1冊1296円、奈良・原画展会場での販売。

5円と10円の釣り銭を用意すると、関東の人が不思議がる。

お金を出されるバリエーションは
1300、1500、2000、5000、10000、10円玉なんて、
ましてや5円玉なんて出番がないでしょう?と。

いやいや。関西人はどうにか財布の中身を、
はたまた家にある邪魔な小銭を
どうにか使えないかとたえず考えている。

1306、1506、2006、3306、5006、5306、10300、10306…

高度になると1301、1501、5301、10301…

力づくで、500円玉狙いの攻防まあり。

おかげで頭の体操しながら
「おーてる?」「ごめんなぁややこしいことして」
「いやぁ、一円足らんわ。くやしーわぁ!家によーさんあんのに」と
お金のやりとりすら笑いになる。

旅先で財布ごそごそしてたら、関西人。

(お母さん記者/

ABOUTこの記事をかいた人

編集部 青柳 真美

お母さん大学事務局兼編集部。お母さん業界新聞副編集長。みそまる普及委員会代表。みそソムリエ。宅地建物取引主任者。仕事は、お母さんを笑顔にすることと、味噌を伝えること。具体的には、編集・企画・営業・イベント…。おっと、忘れちゃいけない大事な仕事が、藤本学長のツーヤクとカイゴ。家族と仕事以外に、私の人生に欠かせないもの…車/映画/本/旅/食後のコーヒー。息子1人(27歳)。