なんにもない今日を、明日を大切にしたい

夜の9時15分。
世の3歳児は、もう寝ている時間。

わが家の娘は起きている。

何をやっているのかって、
娘は私の洋服のボタンを留めている。

「私のもやって」と言うので、
私も娘のねまきのボタンを留める。

そんな、
なんでもないこと。

そしてふと思う。

この先幼稚園に入り、その先は小学校…。
そんな日々に、

「明日は幼稚園だから、もうおしまいね!」。

いつかきっと、私は娘にそう言う。
いけないと思っていても、きっと言うだろう。

だからこそ今、
なんにもない今日と
なんにもない明日を過ごす親子は
こんな時間を貯金しておこう。

子どもが忙しくなって

「あぁ、あのときのボタンかけごっこ、楽しかったな」。

そう思うか。

「あぁ、あのときくらい、ボタンかけごっこをしたら良かった」。

と思うかでは、私の人生の豊かさが違ってくる。
きっと娘の人生の豊かさも。

明日も、ボタンのある洋服にしようかな。

(お母さん記者・吉村優)

何にもない日々と親子