心を守ること。

成長したなーー!

何にも文句もグズりもなく。

ひたすらひたすら餃子作り。

 

 

 

 

 

 

 

餃子を作りながらの、、みゆうちゃん語録。

みゆう→「うわぁ、じょうずにできた!…と、じぶんをほめる(笑)」

わたし→「いいやん、いいやんー!そういうの大事。自分で自分を認めること。」

みゆう→「こころがもっとだいじ。ここころをまもることがだいじ。」

わたし→「ん?」

みゆう→「こころしっかりまもると、ゆめはかなうから。」

わたし→「ほー。(笑)」

みゆう→「こころがこわれないようにするとよ。ママ。」

わたし→「メモに取らせていただいてもいいですか?」

 

やはり子どもは先生‼️

こんな気付きがあるおうち時間。

去年ずーっと家にいなかったゴールデンウィークだったけど、、

一緒にいる、ただそれだけで良いんだなぁ。

6 件のコメント

  • 心を守る…心に響く言葉ですね。
    子どもは先生、私にとってもまさしくそうです。
    最近記事を書きはじめたばかりですが、子どもの言葉をしっかり心に留まるためにも、日常の出来事に感謝の気持ちを持って過ごしたいなぁと思いました素晴らしい記事、ありがとうございます。

    • 高田さん⭐️
      最近なんですねー!!
      ご入学おめでとうございます❣️
      そうですそうです❣️
      日常を大切に、日々に感謝することを少しだけ意識すると、、
      なんか聴こえてきたりします。子どもという名の先生の声が。
      心を守るっていうのは、
      きっとお互いの気持ちを大切にするということ。
      心と心がすれ違ってしまう時もありますが、
      自分の心を大切にしてもらえたら、
      もしかしたら娘も、わたしの心を大切にしてくれるかもしれません。
      夢が叶うらしいので、高田さんもお子さんも、
      ぜひぜひ心を守る、やってみてくださいねーー❣️

  • 安藤さん。
    いい先生がいて、幸せだね。
    迷ったら、子どもに聞く。
    わが子は、一番、お母さんのことを知っているから。

    今日、わたし版、届きました。
    いつも、ありがとうございます。
    こんなときだから、新聞を書く。

    私も、がんばります。

    • 藤本さん⭐️
      いつもあたたかい言葉をありがとうございます。
      本当に。娘は先生だなぁと思います。
      最近はメモがないときに、突如言い出すため、、
      あとからもう一回聞き出すっていう
      娘に聞く時間がたくさんあるので、
      この機会にいろいろ聴いてみようと思います!

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    安藤裕子

    直感派で自分に甘い(笑) 甘ちゃん母ちゃん歴は、やっと6歳!学生と子育ての両立中。 諦めないというのがわたしの生きるテーマでもある。だけど、つまずきながら泥んこになりながら。生き様を娘に見せれるように!(福岡県大牟田市)