誕生日に想いを馳せる。

ずーっと巡り巡って、やっぱり頭を離れないことがある。

「離婚したことで、娘の本音はどうなのか?」

「寂しくないのか?辛くないのか?本当は一緒にいたいよね。。」

離婚を決めたのはいわば自分のため。自己中心的なわたしの防衛反応でもある。

もちろん彼とひとつ屋根の下での子育ては難しいという思いもあったんだけど。

こんなことを考えるのは自分が生まれた日が一年ぶりにやってきたから。

 

そして、、、ついについにやってきた。

娘からのこんなお手紙。

ママへ

みゆうをうんでくれてありがとう。

けんかをしたときは大きらいっていうけど

本とは大大大ーすきだよ。

 

目が覚めた。(笑)

ありがとう。

なんとも言えない感情が渦巻き、涙した。

元々、自分の心の状態をきちんと言葉にするのが上手な娘。

こんなことを言ってくれるのが、7歳の今なんて。早すぎるよ!感激して感動した。

それからわたしは急いで部屋の片付け。。。そして、もらった手紙を部屋の壁に貼った。

試験目前のわたしを気遣い、考えられないぐらい娘は多分我慢している。きっとめちゃくちゃ我慢させている。

いつもごめんね。本当にありがとう。

あなたを産めて良かったよ。

あなただから良かったんだよ。

みゆうちゃんは宝物♫

喧嘩ばかりしてるけど。

わたしもあなたに負けずに、みゆうちゃんのことが大好きなんだよ。

ママの人生をしっかり応援してくれたように、わたしもあなたの人生をしっかりと応援させてください。

わたしが母になり子どもからもらうのが夢だったやつ、もらっちゃいましたよ!

かたたたき券!!!

そして、

1人でお風呂に入れる券

1人で寝れる券

集中して勉強できる券(その間わたしに話しかけないらしいよ(笑))

国家試験まであと9日!!!

ABOUTこの記事をかいた人

安藤裕子

直感派で自分に甘い(笑) 甘ちゃん母ちゃん歴は、やっと6歳!学生と子育ての両立中。 諦めないというのがわたしの生きるテーマでもある。だけど、つまずきながら泥んこになりながら。生き様を娘に見せれるように!(福岡県大牟田市)