コロナの色は?

先日、春の恒例の味噌の仕込みに地元の味噌やさんへ。
三男は本人の記憶のなかでは初めての味噌の仕込み。
麦と米の麹と塩を混ぜ混ぜしながら、おしゃべり
窓の外で咲き始めた桜の花を見て、
「まま!もうすぐあったかくなるよね。そしたらコロナなくなるっちゃない?」
と、無邪気な意見。
「そうね、でも新しいコロナウイルスが流行りだしたから、もう少しなくならないと思うよ」
と、答えると、
「あたらしいコロナって何色やろうね?」
と、また窓の外の桜を見つめる。
この子の世界には、たくさんの色があるのだなぁ。
目に見えないウイルスにも、きっと色があるんだろうな。
小さな手で不器用に混ぜた味噌にも、素敵な色の菌が混ざって、美味しいお味噌に仕上がるのね。
しっかり仕込んだお味噌が出来上がる頃に、コロナが収まっています様に。

ABOUTこの記事をかいた人

薄 祥子

三人の男の子のお母さん、物流会社の会社員、九州男児の夫の有能な(つもりの)妻、お母さん大学生、そして今年MJプロとなりました。他にも、育休後アドバイザー、保育園父母会役員(会計監査)、地区子供会取り纏め役。1日が24時間では足りない日々です。