産前・産後うつのあなたと、ご家族の皆さんへ

コラムを連載して早1年、誰かの励ましになるならと、書いてきました。
1年間ありがとうございました!

産前産後うつの中にあるお母さんへー。
病気で子どもに向き合えなかったからと自分を責めないでください。
必ず嫌でも向き合えるときが来ますから。
その日そのとき最善を尽くしてさえいれば、「育児=子どもたちに愛情をかけること」は、いつでもやり直せるということを覚えておいてください。

産前産後うつの家族を持つ皆さんへー。
何より早い対応が大切です。
本人の思考や決断力が鈍くなっていることも頭に入れつつ、できれば専門家のアドバイスを受けながら、サポートしてあげてください。
サポートを続けるためには、ご自身の生活を可能な範囲で守ることも重要です。
共倒れになりますから。あとは「大丈夫」と繰り返し伝えてください。

手応えがないように見えて、その言葉が何よりの支えであり、「そう思いたい」と本人も願っているのです。

最後に今一度お伝えします。
「どうぞ自分を、命を大切に。大切に。母として生きることを諦めないで。
 一日一日をつなぐことが生きることなのです」。

産前産後うつは2つの命の問題です。
同じ境遇の方にお会いしたとき、その命を救うはじめの一歩として、皆さんが、今後はためらわず、「私も元気になったお母さんを知ってるよ」と言えるきっかけにしてくだされば幸いです。

(マザージャーナリスト 大坪香織)


(お母さん業界新聞ちっご版Vol.57 2019年11月号 3面 うつうつお母ちゃんの産後道)

ABOUTこの記事をかいた人

安達真依

お母さん大学久留米の事務局長☆あだっちゃんです。 旦那さんの実家に完全同居。 嫁姑問題に立ち向かいながら、同居のいいとこ探します。 元気もりもりな5歳7歳9歳の息子3人と体力勝負の毎日です。 #同居嫁、#年の差婚、#男児3人、#不登校、#PTA役員、#保育園、