お母さん大学は、“孤育て”をなくし、お母さんの笑顔をつなげています

お母さん業界新聞横浜版5月1日号ちょこっと紹介

愛を込めてバラをあなたに。

今年はG.W.ではなく、
Stay Home Week…
これまでに経験したことのない時間を過ごしています。
でもきっと、もう少し。

ソーシャルディスタンスを守りつつ、
朝の散歩に出かけませんか?
気持ちのよい季節です。
普段なら見過ごしがちな控えめな花も美しく輝いています。

いつでも心に希望という名の花を。

【コンテンツ】
全国版の記事と、横浜版独自の記事がお楽しみいただけます。

・特集 お父さんおうちレポート
「父時間 父力(ふりき)あっぷ あっぷ 中!」
今だけ限定時間!?お父さんたち、どう過ごしてる!?

・コロナ疲れの在宅ワーク社員を笑顔に
「お母さん業界新聞」電子版を無料提供します

・パパスタイル/今一番の心配事(町田智之さん)

・ママスマイルリンク/唯一無二の「宇宙水族館アート」で幸せの循環を(会田俊介さん)

・お母さんたちならではの、防詐欺アイデアとは?

今月は特別号!
表紙のバラの地球にはじまり、
あちらこちらに散りばめられたバラの花。
そして、「ハ・ハ・コ・ミ NEWS」は、バラ三昧。
あなたのお好みのバラも教えてくださいね。

4月から始めた「お母さん業界新聞」電子版についてはコチラへ。
5月号は英字版も配信します。

*お母さん大学 詳しくはコチラ

*メール版 詳しくはコチラ

(お母さん業界新聞横浜版編集長 植地宏美)

8件のコメント

コメントを残す

ABOUT US
植地宏美
お母さん大学横浜支局。 お母さん業界新聞横浜版編集長(2019.10〜2021.12)。 長女19歳、長男15歳、次男13歳。 お母さん大学をものすごく、楽しんでいます。 結果、 お母さんをものすごく、楽しんでいます。