お母さん大学は、“孤育て”をなくし、お母さんの笑顔をつなげています

4件のコメント

真美さん

明日がお休みならば、もっともっと好きなだけ描かせてあげたいんですが。
翌朝の心配も『母力』なんでしょうか~?がはは~っ!

池田さん

ありがとうございます。
幸せ者なんですね!確かに、時間が足りなく感じるくらい夢中になれる娘が愛おしいです。
好きなものって、幸せなんだと改めて思います。

コメントを残す

ABOUT US
編集部 青柳 真美お母さん大学本部
お母さん大学事務局兼お母さん業界新聞本部編集部。お母さん業界新聞編集チーフ。みそまるマスター。みそソムリエ。宅地建物取引士。仕事は、お母さんを笑顔にすることと、味噌を伝えること。具体的には、編集・企画・営業・イベント…。家族と仕事以外に、私の人生に欠かせないもの…車/映画/本/旅/食後のコーヒー。息子(29歳)。