小さな編集長

お母さん大学の活動を、今年度は助成金を使わせて頂いています。

明日、その助成金を出してくださっているグリーンコープの総会に招かれ、
お母さん大学のお話をさせて頂く予定になっています。

「何をどう話そうかな~」
「私の今まで書いた記事を何本か読んでみようかな~」
なんて、あれこれ考えて、原稿を作っていると・・・

同じテーブルで宿題をしていた長男小3。

「ちょっと見せて」
と、私の記事が載っている原稿をチェックし始めました。

その心は・・・
いつも、自分のことが新聞に書かれていると知っているので、
今度は何が書かれてあるのかと、興味&不安(笑)で覗き見。

黙読しながら、サッと赤ペンを取り出し・・・

しれ~っと原稿に赤を入れ始めました!

そして、無言で渡された原稿を見ると・・・

「かあか」(お母さんである私のことを、幼少期から息子たちはこう呼ぶ)

「かあさん」

に書き直しているではないか!!!(笑)

何かと恥ずかしいお年頃。

自分が「かあか」と呼んでいるのを、家族以外に知られるのが恥ずかしいらしい(笑)

 

それにしても、あなたはさすが、母さんの息子!!

もう、小さな編集長だわ♪

ABOUTこの記事をかいた人

近藤美和子

岡山県出身。大学は島根。就職は山口。結婚して愛媛へ。 2015年春に、愛媛から福岡に転居し、お母さん大学に出逢いました。 現在、小5と小2のわんぱく息子2人のお母さんをさせてもらっています。わたし版~筑前町ゆりかご版~を書いています。 仕事は、音楽療法士として、障がいのある子どもたちと関わる仕事をしています。 「お母さん」であることを、悩みもがきながらも、全身全力で楽しみたいと思っています! 好きなことは、自然・音楽・読書・ひとり旅・食べること・人と交わること・高校野球です♪