働き方改革ぅ~? 子育てや人生がより楽しくなる 「仕事」や「働き方」

ある日、夫が
「毎月、生理休暇って言って3日休む女性社員がいるんだ。
どう思う?」と言った。

「生理休暇、認めてあげてるんでしょうね!」と、
咎める口調で言う私。

「う~ん。認めてるよ。でも、毎月よ。3日」と夫。

「会社がその制度作ってるんでしょ?
認めないなんてありえない。お飾りかっ!」(私)

「だから、認めてるやん!」(夫)

******************************************************************

またある日、
この日は中学2年生の娘も一緒にいるところで。

「毎月、生理休暇って言って3日休む女性社員がいるんだ。
どう思う?」(夫)

「はぁ?また? それ前も言ってなかった?」(私)

「生理って、しんどいよ。
仕事行けなくなる人もいると思う。
私の友だちにもすごく辛そうな子いるよ」(娘)

「そうなんかぁ。。。」(夫)

娘の言葉は、夫の心に響く。(私と違って!)

****************************************************************

私も、子どもの病気などで
急にパートを休ませてもらうことがあった。

ありがたいことに、
お互い様と助けてもらえる環境だ。

「育児や介護との両立など、働く方のニーズの多様化」
(厚生労働省ホームページより)

お母さん業界新聞でも、以前取り上げた
「お母さんが笑顔になる働き方」特集。

読み返すと、
なんともノー天気な私の記事が。(ありゃりゃ・・・)

私の記事はさて置き、

仕事にも家庭にも真剣に向き合い、
さまざまなジレンマを抱えながら
がんばるお母さんの声であふれていた。

子育てや人生がより楽しくなる
「仕事」や「働き方」があったらいいな。
あるに違いない。ないならつくればいい。

という言葉に、すごく励まされる。

データがどうとか、よくわからないが、
そういう改革であってほしい。

(お母さん記者/

ABOUTこの記事をかいた人

編集部 青柳 真美

お母さん大学事務局兼編集部。お母さん業界新聞副編集長。みそまる普及委員会代表。みそソムリエ。宅地建物取引主任者。仕事は、お母さんを笑顔にすることと、味噌を伝えること。具体的には、編集・企画・営業・イベント…。おっと、忘れちゃいけない大事な仕事が、藤本学長のツーヤクとカイゴ。家族と仕事以外に、私の人生に欠かせないもの…車/映画/本/旅/食後のコーヒー。息子1人(27歳)。