全労済×お母さん大学「一日お母さん大学」で 「お母さんの心」を伝え、地域に「たすけあい」と「つながり」を。

◆一日お母さん大学in大阪報告◆

「”孤育て“をなくそう」をテーマに、
全労済♡お母さん大学で取り組んでいる「一日お母さん大学」。
大阪では昨年の難波に続く2度目の開催となった
梅田キャンパスの模様をお伝えします。

相次ぐ虐待事件に、胸を痛めることも多い昨今。
大阪はなんと、47都道府県中、虐待ワースト1。

実は、このことが、
「お母さん業界新聞大阪版」の活動の要因の一つにもなっています。

「イベントがあることを知り、”孤育て“という言葉を聞いたとき、
私のための講演会だ!とすぐに申し込んでしまいました。
同じようなお母さんとも出会えたので、来てよかったです」

「育休中で、子どもと向き合い、幸せだけどどこかに物足りなさを感じていました。
子育てが一番大切な仕事。お母さんはスゴイ!と言われ、勇気が持てました」

「お母さんは悩んで当たり前。悩むのは心があるからです。
もっと悩んでいいんだよ、という藤本さんの言葉に、心がうんと軽くなりました」

全労済♡お母さん大学が、
「お母さんたちを孤独な育児から救い、地域でたすけあい・つながりの輪を」と
進めている「”孤育て“をなくそう」プロジェクト。

全国にある全労済共済ショップでの「お母さん業界新聞」の配布とともに
各地で行っている「一日お母さん大学」は、
お母さんたちに出会いやきっかけの場を提供するものです。

4月26日(木)、大阪梅田駅前、梅田阪急ビル26階の一室に、
大勢のお母さんと子どもたちが集まりました。

冒頭は参加してくれたお母さんたちの言葉です。

「平日の朝、子どもを連れてここまで来るのは、大変だったでしょう?」
お母さん大学学長・藤本裕子のこんな言葉でスタートした講演会。

緊張気味だったお母さんたちの表情が
みるみる柔らかくなっていくのがわかります。

恒例の「お母さんは○○です」では、自身の存在価値を認識。
ペンを持って子育てを綴る楽しさを実感するため、
即興の新聞づくりに挑戦したお母さんたち。

藤本の話や、お母さんたちの言葉に刺激を受け、
溢れ出す気持ちを新聞にぶつけます。

後半の交流会では、堂々と夢について語ってくれたお母さんが多く、
会場はたくさんの笑顔に包まれました。

その4日後、大阪のマンション5階から
2歳児が母親の手によって落とされたという痛ましい事件の一報が…。

「お母さん大学の活動や新聞を通じ
『お母さんの心』をもっともっと広げていかなくては」と、
「大阪版」編集長の宇賀佐智子。

引き続き、今プロジェクトにご注目ください。

 

◆イベントギャラリー◆

「お母さんは○○です」「夢は何ですか?」に
お母さんたちの顔がほころんでいく

 

お母さんと子どもたち、講師とスタッフ
みんなの心がひとつになった、あたたかい空間

 

「子守隊」を担った全労済職員さんも
この日は「お母さん」の表情

 

「全労済に加入されていなくても気軽に相談に来てくださいね」と
全労済共済ショップ梅田店(同ビル21階)数野紀子店長

 

ランチタイムに行った「みそまる」デモンストレーション。
「簡単でおいしい!」「忙しい朝やお弁当にぴったり!」とお母さんたち

 

ピットくん(全労済公式キャラクター)と一緒に記念撮影

 

全労済×お母さん大学主催「一日お母さん大学」は、
今後も、全国各地で展開してまいります。
お近くで開催の際は、ぜひご参加ください。

虐待ゼロ!を目標に、活動を続けていきます。

全労済♡お母さん大学“孤育て”をなくそうプロジェクト
にご注目ください。

◆そのほかの「一日お母さん大学in大阪」レポート◆

22歳だって言ってくれる お母さん大好き
給食はみそまる♪楽しい美味しい食育の時間・お母さんが笑顔になれば子どもたちも笑顔になれる
大阪・梅田のオフィスビルにベビーカーを押したお母さん?! 一時間目講演会報告
阪急梅田オフィスビル26階が、お母さんの心いっぱいに!

ABOUTこの記事をかいた人

編集部 青柳 真美

お母さん大学事務局兼編集部。お母さん業界新聞副編集長。みそまる普及委員会代表。みそソムリエ。宅地建物取引主任者。仕事は、お母さんを笑顔にすることと、味噌を伝えること。具体的には、編集・企画・営業・イベント…。おっと、忘れちゃいけない大事な仕事が、藤本学長のツーヤクとカイゴ。家族と仕事以外に、私の人生に欠かせないもの…車/映画/本/旅/食後のコーヒー。息子1人(27歳)。