愛おしいもの~小1次男が毎日学校から持って帰る連絡帳

小1の次男が毎日学校から持って帰る連絡帳。
今日の宿題と、翌日に持って来るものを書いている。

それを見るのが私の楽しみ。

覚えたてのひらがなで、
きっと黒板の先生の字を見ながら、
一生懸命に書き写したのだろう。

波打つ、曲がりくねったかわいい字。

きっと、こんなたどたどしい字は、今しか書けない。

だからこそ、余計にかわいくて、愛しく感じる。

たまに、「きゅうしょくせと」などの
脱字などがあって、これまたかわいい。

たぶんこの時期はあっという間で、
きっと「今」しかない。

毎日、楽しませてもらおう。

明日は、なんて書いてくるかな。

(お母さん記者/

ABOUTこの記事をかいた人

編集部 青柳 真美

お母さん大学事務局兼編集部。お母さん業界新聞副編集長。みそまる普及委員会代表。みそソムリエ。宅地建物取引主任者。仕事は、お母さんを笑顔にすることと、味噌を伝えること。具体的には、編集・企画・営業・イベント…。おっと、忘れちゃいけない大事な仕事が、藤本学長のツーヤクとカイゴ。家族と仕事以外に、私の人生に欠かせないもの…車/映画/本/旅/食後のコーヒー。息子1人(27歳)。