ガチャガチャの髪飾りで、こんなに泣くとは思わなんだ

昨日、義母が3歳半の娘に髪飾りを3つ買ってくれた。
そのうちの一つ、赤い髪飾りは100円のガチャガチャでゲットしたもの。

髪飾りを気に入り、とてもうれしそうだった昨夜。

そして、今朝は朝起き。

夫は夜勤で不在。私は仕事で忙しい朝、のはずが、
娘は6時前に起床。
さー、今日は余裕だね!と思っていた7時前、
全国の天気予報を見て
「たいよう いっぱいあるー」と笑ったのに。
その5分後。
赤い髪飾りをいじっていた娘。

「壊れた〜!!」

泣いてる!
残念ながら直せない作り。

「なおしてぇ!!」
「ママもこれは直せないんだ」

そこからは、怒り狂ったかのように
「せっかくばばが買ってくれたのにー!!」と言いながら泣きわめき、
もうひどいもので…。

抱こうとしても、また買おうと言っても、無駄だった。

7時20分。ヤバイ。

7時40分に娘と家を出なければ仕事に間に合わない。
が、この時点で朝ごはんも食べていない娘。

すぐ近くに住む義母に電話をかけた。
5分と経たぬうちにばばが来てくれて、だんだんと落ちついてきた娘。

朝ごはんも食べ始めた。

「ばばと一緒にミカン食べな」

ばばに保育園送迎をお願いし、
ようやく、ニコッ。ようやく、笑った。

笑って
母にバイバイしてくれたけども。
悔しくて、
いたたまれない気持ちのぶつけ方がわからなかったんだね。

そんなときもある。
人間のもつ感情だよ。

いたたまれない気持ちを抱いたということ。
それはまたひとつ成長したということだよね。

仕事を終えて帰宅。
テーブルの上にあったのは

新しい髪飾り。
ばばが買ってくれていた。

(お母さん記者/

ABOUTこの記事をかいた人

編集部 青柳 真美

お母さん大学事務局兼お母さん業界新聞本部編集部。お母さん業界新聞編集チーフ。一般社団法人みそまる普及委員会代表。みそソムリエ。宅地建物取引士。仕事は、お母さんを笑顔にすることと、味噌を伝えること。具体的には、編集・企画・営業・イベント…。家族と仕事以外に、私の人生に欠かせないもの…車/映画/本/旅/食後のコーヒー。息子1人(28歳)。