大津の事故は、同じ子を持つ親として他人事には思えない。一緒に行動してくださる方、お願いします!

大津市で起こった、痛ましい事故。

言葉が出ない。
先ほど、初めて映像を見て、
ここに書かずにはいられなくなった。

画面に映る、散乱した園児たちの持ち物を見て、
状況を聞いて、
事故現場に手を合わせる方々の姿を見て、涙が出た。

同じ子を持つ親として、園児たちのご家族のことを想うと、決して他人事とは思えない。
きっと今朝もいつもと変わらず、
「いってらっしゃい!」と、子どもたちを見送られたはずだ。
それが最期の別れになるなんて、どうして予測できようか。

私は毎朝、「いってらっしゃい!気をつけてね!」と玄関で見送った後、
麦畑の通学路を登校する息子たちの背中に
「無事に帰ってきますように。お守りください」
と、手を合わせて祈る。

だけど、どんなに祈っても、
無事に、元気で自宅に帰ってくることは、
当たり前じゃなく奇跡なんだと、改めて実感する。

そして、事故を起こした瞬間、事故を起こした人は【加害者】【容疑者】と呼ばれる。
加害者も、決してそうしようとして、そうしたくて、起こした事故ではないはずだ。
加害者にも、愛する家族がいる。

決して特別なことではなく、
誰でも明日は我が身で、
被害者にも加害者にもなる可能性がある。

この子たちの魂が救われるためには、
このような事故を二度と起こさないように、
ハンドルを握った瞬間から、
誰もが自分事として気を付けなきゃ何も変わらない!!と、強く感じた。

私自身も、
急いでいる時、
気分がイライラしている時、
疲れている時、
考え事をしている時、
見通しの良い道を運転している時、
慣れた道を走っている時、
嬉しくてテンションが高くなっている時・・・などなど、
危ない運転をしていることがある。

最近、痛ましい事故が相次いでいたが、
今日の事故は更に衝撃で、ショックで、悲し過ぎて、
心も身体もズドーンと重たくてたまらない。

だからこそ、自分の行動を変えようと思った。

私ひとりが変わったところで、何が変わるかわからない。
でも、もし良ければ、一緒に行動してくださる方がいれば、
世の中、もう少し、もうちょっと、事故が減る世の中になるかもしれない
やさしい、思いやりのある社会になるかもしれない、とも思う。
そう願いたいし、
そうしたい。

だから、ここで、募らせてください。

今日からの運転、今までの自分を反省し、変えます!!
どうか、私と一緒に気をつけて頂けませんか??

・ながら運転はしないこと。(スマホや、ナビをいじりながら等)
・だろう運転はしないこと。(来ない「だろう」行ける「だろう」と過信する)
・スピード制限を守ること。
・道を譲り合うこと。
・我が我が・・ではなく、「どうぞお先に」の気持ちと余裕を持つこと。
・譲ってもらったら、心をこめて、「ありがとうございます」を形にすること。
(笑顔で会釈したり、ハザードつけたり等)
・車間距離を空けること。
・左右前後をよく、よく確認すること。
・時間に余裕を持つこと。
・信号や法令を守ること。
・飲酒運転しないこと。
・自分の運転を過信しないこと。
・こどもやお年寄り、障害のある方や妊婦さんが道を歩いていたら、
傍を通る時に減速すること。
・自分が今、どんな気持ちで運転しているかを意識すること。
・「私は、凶器を操作している」という自覚・責任を持つこと。

一人一人が意識するだけで、
亡くなったこの子たちのことを思い出すだけで、
ご家族の気持ちを想像するだけで、
きっと気を付けることができるはずだ。

2歳というかわいい盛りで失われた命。
お母さんやお父さん・ご家族の怒りや無念さ。

それを肝に命じて、
私も運転する者として、安全運転をここに誓います!!

賛同してくださる方、一緒に行動してくださる方、
お願いします!!

合掌

(MJ記者/

3 件のコメント

  • 加害者、容疑者と呼ばれている方は 丁度私くらいの年齢です。
    私は二年前に、我が家の駐車場から出ようと 一旦バックをした時に 直角に進行してきた車と接触しました。
    後ろの確認ミスでした。事故処理を終えた私に家族は「もう 運転はやめて!」ときつく言われ、もうそんな歳なのかと驚きと共にショックでした。まだ大丈夫と思っていましたから。免許を取って毎日30年間 運転を欠かすことはほぼなかったから。
    ニュースで高齢者の事故を見る度に、辞めて良かったと胸をなで下ろすところです。
    交通戦争と呼ばれた時がありました。ほぼ毎日交通事故の死者の数を報道していました。
    道路状況や車の性能が良くなっても 減らない事故は、人間が運転しているからでしょう。
    実母を介護していた時、駅までをバイクで走っていました。恐らくは最期の入院になるであろう事に心が動揺していたのでしょう、信号は赤なのに細い一方通行の道を止まらずに進んでいました。駅近くですから お巡りさんがたまたま後ろからついて来ていて 大声で叫んでいました。笛の音で私に指示している事に気がついたのは、信号機を3つ通り過ぎていました。
    考え事をしながら運転していたのです。 そのまま駅前の交番で切符を切られても、指示された事しか出来ず 弁解も出来ずにいました。
    手続きを終えた後、別のお巡りさんに私の状況を話す事ができましたが、「先にその話をしていたら点数が下がっていたのに、でも事故出なくて良かったなぁ」と言われ情けないやら 悔しいやらで意識もはっきりとして 次の用事に安全運転で帰りました。
    事故は、起こしたくてなるものではありません。増して経験豊富な運転手でも まさか があります。
    今回の事故は余りに悲惨で言葉を無くしました。お婆ちゃん(加害者)と 娘(園の先生)と 孫(被害者) なのです。
    弱いもの同士の一瞬の事故。 目を覆うばかりです。 長い休み明けで気候も穏やか。みんなどこか緊張しながらいつもの生活に戻ったところでしょう。 そんな時に魔がさすのですね。
    長々と書きましたが、自動車だけでなく バイクや電動付き自転車、そして歩行者も道路や歩道も気をつけなくてはなりません。
    建物から一歩出たら危険の始まりです。 前後左右に気を引き締めて 事故を避けなければなりません。
    お母さんは特に 子どもを乗せて、急いで保育園や出勤 買い物へと気も心も次の仕事に夢中です。
    自転車同士の事故も増えてきました。 車の運転には最大限の注意をしたいものですね。
    その為には、心の余裕と指差し確認も加えて欲しいところです。
    最後に、被害に遭われた方のご冥福と早い回復を願っています。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    編集部 青柳 真美

    お母さん大学事務局兼編集部。お母さん業界新聞副編集長。みそまる普及委員会代表。みそソムリエ。宅地建物取引主任者。仕事は、お母さんを笑顔にすることと、味噌を伝えること。具体的には、編集・企画・営業・イベント…。おっと、忘れちゃいけない大事な仕事が、藤本学長のツーヤクとカイゴ。家族と仕事以外に、私の人生に欠かせないもの…車/映画/本/旅/食後のコーヒー。息子1人(26歳)。