全国版5月号ちょこっと紹介 特集「育休の過ごし方 働くお母さんのキモチ」他コンテンツ

<特集>

育休の過ごし方 働くお母さんのキモチ
~完璧じゃないけど、みんながんばっています~

「働くお母さん」が全体の7 割を超え、「今後は働きたいお母さん」は
専業お母さんの8 割を超えるという結果に(厚生労働省)。
そこで今回は、働くお母さん(お父さん)にインタビュー。
ポストコロナに向け、多様な生き方、働き方が認められる時代にあって、
「子育てと仕事の両立」は外せないテーマですね。
紙面では10人のものがたりをお伝えしています。
働くお母さんにとっては、あるあるですし、
これから仕事復帰を考えているお母さんにとっては、大いに参考になるはずです。

○藤本裕子の百万母力コラム「コラムジャックされた⁉」

藤本裕子のコラムが、ひとりのお母さんにジャックされました。

ーー子どもが「お母さん、お母さん」と言ってくれるのはほんの数年です。
すぐにお友だちに負けてしまいます。だから育休中は子どもといる時間を楽しんでください。
仕事のスキルアップは今じゃなくてもできる。でも育児は今じゃないとできないんです。
たくさん抱っこして、たくさんギューッとして、たくさん見つめてください。
~中略~
私も戻れるのなら、また子どもが生まれた頃に戻って
「泣いた顔もかわいい、かわいい」と愛でたい。
ずーっと抱っこして、どんな顔も行動も見逃したくない。
限られた育児時間、子どもを愛して愛してください。
愛し方がわからないときは、お母さん大学に来てください!ーー

続きはコチラ https://www.okaasan.net/chiefeditor/boriki/69104/

○OYAKO「この家族でしか経験できない時間を、大切に過ごしていきたい」

 

○苺一絵「一億総スマホ時代に」

○絵本を通して親子を笑顔に「#えほん箱プロジェクト」
「# 絵本のあるところ」には「# 素敵な人がいる」という法則。

パナソニックセンター大阪 1 階「あるままOYAKO(オヤコ)」
三浦美賀子さん▼

ちぇすなっと
丹治未来さん▼

エルマー
前園敦子さん▼

メッゲンドルファー
嵐田晴代さん▼

○パパスタイル/「同居もいいですよ」

○地球家族/戸田愛 イグアスの滝で「 地球の割れ目」を体感

○がんばれ編集長!あしや灯花版/「毎月増えていく宝物!」戸﨑朋子

○MJ30/「子どもの習い事失敗談」
これから子どもに習い事を、と考えているお母さん必読です。

○日本中の子どもたちのために「人間力サミット2021」
お母さん業界新聞編集長・藤本裕子も出演します!

https://ningenryokudaigaku.com/ningenryokusummit/

○ハハコミ/「おもしろ☆おえかきコンテスト」しろべあ基金

○ハハコミ/読者プレゼント「グルテンフリーな野菜パンケーキ」

★「MJプロ養成講座」5月30日(日)開催 受講生募集中
https://www.okaasan.net/mjreport/62923/

○MJ(お母さん記者)が発信する母ゴコロ

「ボクだって、配達できるよ」

みんなに笑顔のおすそ分けを…と、MJ 記者の福田重満子さんと私
と息子の3 人で、散歩ついでに通りがかるお家に「お母さん業界新聞ちっご版」を届けてきました。

「ボクだって新聞を持っていけるよ!」「ボクだっていろんなポストに食べさせてみたい!」「ポストさん。おいしい?」そう言ってるかのような息子と、孫のような眼差しで見守ってくれる福田さん。

なかなか面白い2 人。やりとりを見るのも楽しく、かけがえのない一コマです。(福元慶子)

 

◎あなたもお母さん記者として発信してみませんか?
「お母さん業界新聞」の購読、「お母さん大学」への入学はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

編集部 青柳 真美

お母さん大学事務局兼お母さん業界新聞本部編集部。お母さん業界新聞編集チーフ。一般社団法人みそまる普及委員会代表。みそソムリエ。宅地建物取引士。仕事は、お母さんを笑顔にすることと、味噌を伝えること。具体的には、編集・企画・営業・イベント…。家族と仕事以外に、私の人生に欠かせないもの…車/映画/本/旅/食後のコーヒー。息子1人(28歳)。