理由があるんです!

次男(小1)の机の上をふと見ると・・・

どんぐりが袋に入れられて、しかも水に浸かってる!!!!

数日間放置されたこのどんぐり袋は、水が濁り、
「一体これをどうするんだー!?」とつっこみたくなる。

小学校から帰宅した次男に、ふと聞いてみた。
(マザージャーナリストだからね(笑))

母「なんで、どんぐりを水の中に入れとるの?」

息子「どんぐりを育てよると!!」

衝撃の答えでした(笑)

母「ほー!!!!なるほど!!!」

いやいや、なるほど!・・・じゃないけど、息子なりの考えを知り、えらく納得(笑)

母「どんぐりを育てて、どうしようと思っとると?」

息子「大きな木にさせたいと!!」

母「でも、大きな木になったら、この袋からはみ出ちゃうよね・・・」

息子「んーー。そうやね。そしたら、外に植える!」

母「じゃあ、この袋、ずっとここ(机の上)に置いとって、大きくなるかな?
  どんぐりさんが大きくなるために、お水の他に何か必要なものないかな?」
(ヒントを与えながら)

息子「わかった!!たいよう!!!」

・・・そういうわけで、どんぐりが育つ方法を考えた息子は、
すぐに外に飛び出し、水とどんぐりが入ったその袋をそのまま、
庭に置き去りにしております(笑)

今までだったら、「捨てなさ~い!!」となるところを、
息子なりの理由を聞くと、一緒にその世界を見たくなっちゃう。

水に浸かりっぱなしの斬新などんぐり生育法、これからどうなるか楽しみだな~♪

ABOUTこの記事をかいた人

近藤美和子

岡山県出身。大学は島根。就職は山口。結婚して愛媛へ。 2015年春に、愛媛から福岡に転居し、お母さん大学に出逢いました。 現在、小5と小2のわんぱく息子2人のお母さんをさせてもらっています。わたし版~筑前町ゆりかご版~を書いています。 仕事は、音楽療法士として、障がいのある子どもたちと関わる仕事をしています。 「お母さん」であることを、悩みもがきながらも、全身全力で楽しみたいと思っています! 好きなことは、自然・音楽・読書・ひとり旅・食べること・人と交わること・高校野球です♪